映像制作承ります。有限会社イー・イー・ジェイ
会社案内
パンフレット、チラシ、ホームページなど、御社の経営理念や扱い商材を伝える方法はいくつかありますが、一番印象付けられるものは動画映像です。短時間でも経営者、商品担当者が直接話し商材を説明すれば、お客様は大変安心します。
標準料金 10万円
カメラ1台 映像時間5〜20分 撮影時間3時間(設営、撤収含む)ホームページ用映像データ納品

舞台・ダンス・音楽発表会
学校、サークル、クラブの成果を見せる大事な発表会。大小問わずライブスペースでの映像収録は目まぐるしく変わる舞台や照明に対応したノウハウが必要です。ビデオ撮影のみからビデオ+スチールカメラ撮影の手配まで、弊社では一貫してお請けできます。
標準料金 15万円 カメラ1台 映像時間5〜20分 撮影時間5時間(設営、撤収含む)DVD/Blu-ray1枚納品
  講演会・社内教育用ビデオ
講演、社内報、セミナーなどの記録映像はほとんどの場合会場奥にカメラを据え付けるのみの固定映像で済ます場合がほとんどですが、それ以前に担当者様とのコミュニケーションやマイクの音声をしっかり記録するなど、目に見えない気遣いが大事なことが意外と伝わっておりません。弊社カメラマンは映像収録技術だけでなく、お客様との円滑な関係をj心がけています。
標準料金 10万円
カメラ1台 撮影時間 2〜4時間(設営、撤収含む)DVD/Blu-ray1枚納品

弊社は単に依頼された映像を作るのではなく、お客様と共に作品を作り上げたいと願っております。どうかお気軽にプロフィールのメールアドレスからお問い合わせください。
サンプル映像集
映像1(ザイリンクス様展示会)
映像2(ザイリンクス様展示会)
映像3(デンタルサロン・プレジール様)

2011年03月08日

【読んだ本】再生巨流 楡周平著

 2005年の小説。当時著者インタビューは読んだものの、肝心の本は読まぬまま今日まで来た。

 運輸会社で働き、営業成績はダントツなものの組織人としては難のある主人公は、新規事業部長という名の左遷に遭う。会社のリソースに頼れないまま年間4億円のノルマを突きつけられ、しかも部下は車内有数のデキナイ男ひとりだけという、自己退職に追い込むのが明白な中、いくつかの偶然を捕まえて新しいビジネスを創りだし人間としても成長を遂げるという物語。 どう見てもあそこでしょ、という会社がモデルになっているが、これは著者が考え出したビジネススキームを描くの都合がよかった以上のものではなさそうだけど、執筆当時でもモデルとおぼしき会社の話題は世間を賑わしていた時期だったのかもしれないので何ともいえない。インタビューで小説向けの虚構ではなく、実際に運用可能なビジネスモデルを考えたと言っていたのを覚えているが、モデルとなった会社は小説のような方向には行かず地道に元の仕事を続けているわけだ(利用してないけど)



 本来なら主人公の苦闘葛藤駆け引きなどを話題にすべきなんだろうけど、気になったのは、新ビジネスの初期投資に29億円かかるという点だった。僕がいる業界では、これのン分の一でテレビアニメ半年分は作られるし、1本に20億円かけるアニメ映画だってある。僕も数億円集めて作って失敗したことがある。だからそんなに高額でもない、これくらいの金額が理由で企画が握りつぶされる寸前まで行くのかと思ったのだが、すぐに考え直した。僕が集めた数億円と、数千人のドライバーが汗水流して稼いだ中から捻出する29億円では重みが違うのだ。
 僕は金の価値を軽く観ていたことをこの作品に教えられた。これでは失敗するわけだ。



 ちょうど今、新たな企画のため資金集めに奔走している。集まって仕事を始めてもこの思いを忘れず、資金を出した相手への感謝と必ず成功させて彼らからの期待に応えなければならないと思いを新たにする。「再生巨流」はそういう本になった。

 感謝している。



posted by kikka at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 読んだ小説
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43745252
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック